goku-のちょっとしたブログ
私の好きな事で、他の場所で調べても見つからない、役に立つ情報を配信して行きます。 是非ブックマークに追加してちょうだい。
プロフィール

goku-

  • Author:goku-
  • 2005/12/23ブログリニューアル☆
    ちょっとした情報やオもろい話を配信していきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

THE VERY BEST OF ごっつええ感じ 2ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 5 浜田・山崎・田中 絶対笑ってはいけない温泉宿 1泊2日の旅 in 湯河原働くおっさん人形
大爆笑!! ダウンタウンDVD特集!
DRAGON BALL Z DVD BOX DRAGON BOX VOL.2DRAGON BALL DVD BOX DRAGON BOXDRAGON BALL Z 第5巻DRAGON BALL 劇場版 DVDBOX DRAGON BOX THE MOVIES (完全限定生産)

ドラゴンボールDVD
blog ranking
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
あるサッカーゲームの開発物語2
まえがき




goku-は、あるコンシューマーゲーム(家庭用ゲーム)の開発会社に居たことがあります。何本かAGBやPS2/GC でゲームを作りました。その開発日記みたいな物を思い出と共に書いてみようと思います。すべて事実、goku-視点です。




ゲーム開発というのは、どーいう人が関わっていて、どーいう仕事なのか、世の中にあまり認知されていないので、これを機に色んな人に知ってもらいたいなと思います。




・・・何時か、ドラマになることが来る日を願ってw




■あるサッカーゲームの開発物語2 - goku-が初めて作った箇所


今回の登場人物紹介




・goku- - 私本人、当時は入社半年の新人プログラマ
・田芝 - goku-と意見の合う先輩、試合部分プログラマ
・杉田 - サッカーゲーム、メインプログラマ




goku-の代休が空け、サッカー開発チームの方に席を移動をした。すぐにでも開発がスタートするのかと思ったら、しばらくは人のソース(プログラムコード)を見たり、そのサッカーゲームをプレイしたりという日々が続いた。


開発に入る前に、プログラマはそのチームのシステムプログラムなどを勉強したり、すでにコーディングされたプログラムコードを見たりして、感覚を掴む期間がある。

 また、元のゲームがすでに発売されている場合(例えば、ドラクエ1があって、2を作る場合など)は、前作をプレイして勉強する。プレイする期間は1週間程度。ただ遊ぶのでは無く、このゲームの全体像を捕らえる事が一番大事。プレイして全体像を捕らえないと、企画書(仕様書)に掲載されている言葉や内容すらわからない状態になり、開発が出来なくなる。


前作を十分にプレイした頃、いよいよ会議になり、goku-の担当部分が決まった。最初に作ることになったのは、ゲームの試合結果ニュース部分だった。十分に前作をプレイしていてわかっていたが、試合後の結果報告を合わせて掲載する大事な部分で、胸が高鳴った。開発期間はトータルで1ヶ月だったと思う。新人は、上のプログラマに管理され、作成時間のリミットを設定される。


担当が決まったら、企画者と話しをして、すぐさま作業に取り掛かる。自分なりにプログラムを組んで、テストをしてを繰り返す。何かを作ってはテストをして、ミスが無いように組み立てて行く。時には作ったプログラムを削除して一から作り直す事もある。人のソースからプログラムの組み方を参考にしたり、ネットで検索して組み方を参考にしたりして形にして行く。


ある程度担当部分が完成すると、次に前後との繋ぎ合わせをする。例えば、今回のニュース部分のプログラムで言うと、前には田芝さん作成の試合部分があり、後ろには杉田さん作成のメイン画面に戻るという処理が入る。前後関係で違う担当者が設定したデータを使って情報を表示して、その後次の人へデータをセットするなど、前後関係の繋がりはゲームにとって大事な部分。ゲームはこのあらゆる場面の繋ぎ合わせで出来ているのだ。


前回のプロジェクトで前後関係の部分で苦労したので、今回は綺麗に繋がるように作った。


想定した通り、スムーズに試合部分と繋がり、試合結果や観客動員数などを他の人が設定したデータから引っ張り、ニュース部分がちゃんと動いた瞬間は感動物です笑 あぁ、やった甲斐があったなぁ・・・と心の中で思います。


他の部分と繋がって終わりでは無く、あらゆるケースを一度試しておきます。例えば、観客動員数がありえない数字とか、試合結果がおかしい時などの状態で、画面表示などがおかしくないかを確認します。このチェックを行わないと、ゆくゆくバグ(プログラムコードの穴というか不具合がおきたりする)になるので色々チェックをしておく。




goku-がニュース部分の色んなチェックをしていて、以前より暇に見えたのか、杉田さんが現れ、


「もう出来たんだ?ニュース部分。次これやってもらいたいんだよね」と言われた。




(うわぁ、もう次?どんだけ忙しいのよ)と心の中で思いながらも担当企画者の話を聞く。




次の担当部分は、何やらニュース部分とは比較にならない程ウエイトのありそうなうな部分らしい。さて、どうなることやら・・・



2話終



スポンサーサイト


テーマ:こんなお話 - ジャンル:ブログ

TOP
あるサッカーゲーム開発物語1
まえがき


goku-は、あるコンシューマーゲーム(家庭用ゲーム)の開発会社に居たことがあります。何本かAGBやPS2/GC でゲームを作りました。その開発日記みたいな物を思い出と共に書いてみようと思います。すべて事実、goku-視点です。


ゲーム開発というのは、どーいう人が関わっていて、どーいう仕事なのか、世の中にあまり認知されていないので、これを機に色んな人に知ってもらいたいなと思います。


・・・何時か、ドラマになることが来る日を願ってw





■あるサッカーゲームの開発物語1 - goku-が開発メンバーになった日


今回の登場人物紹介


・goku- - 私本人、当時は入社半年の新人プログラマ
・田芝 - goku-と意見の合う先輩
・杉田 - サッカーゲーム、メインプログラマ




ある会社に入社して半年、一つのプロジェクトが終わり、次のプロジェクトは何をする?的な話の最中、他部署からgoku-にオファーがあった。
それは、あるサッカーゲームの開発プロジェクトのメンバーからだ。
すぐに部長と話が有り、半ば強制的にそのサッカーゲーム開発プロジェクトに、参加をしてくれと言われた。元々、サッカーが好きだったのと、開発チームのメンバーに田芝という人が居て、フィーリングの合う先輩だったので、一緒に仕事をしてみたかったという理由で、そのプロジェクトへの参加を決意した。


コンシューマーゲーム(家庭用ゲーム)の開発には、半年?1年くらいかかるので(大きいプロジェクトは2年とかかかったりします)、開発中は土日が休みで無かったりする。その土日休めなかった分を開発が終わったら、一度に貰えるというシステムが有り、代休と言います。goku-もその代休を10日間貰える事になり、次のサッカーゲーム開発まで、気楽に過ごそうと思っていた。


その休み前日、杉田という人がgoku-の所にドリキャス(ドリームキャスト)とその開発するサッカーゲームを持って来て、
「このゲーム休み中に研究しておいて、時間無いから」と言われ、休み中にも仕事??とか思った。休みは何もせず廃人の様に寝たり、ダビスタで3冠馬を作る事を目標にしてたのに・・・。正直この野郎と思った。


goku-は、杉田に借りたドリキャスとそのサッカーゲームを仕方なく持ち帰った。


イライラはしたが代休中の10日間休まず、goku-はサッカーゲームをプレイし続けた。




休みが空け、いよいよサッカーゲームの開発が始まる・・・




1話終




テーマ:こんなお話 - ジャンル:ブログ

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。